医師のかた必見!希望の医師求人の見つけ方。

医師という、過酷な環境で精神的にも肉体的にも働いている人の
    労働環境は私たちも守っていける様な努力が必要な時代になってきているのです。

TOP > 医師募集 > 医師求人 > 医師転職 > キャリアアップのための医師転職 > 採用試験に備えたい医師転職

目次

  1. 採用試験に備えたい医師転職
  2. 医師転職をおこなってみる
  3. 医師転職を探す一番の方法は
  4. 医師転職のニーズについて
  5. 医師転職活動をバックアップしてくれるエージェント会社
  6. 資格が必要な産業医へと転職する医師
  7. 時短勤務が可能な産業医へと転職する医師
  8. 案件数が少ない産業医の医師の募集

採用試験に備えたい医師転職

医療機関にもよりますが医師転職をする時には書類選考と面接だけではなくて、採用試験が実施される事もある様ですね。

学校の試験とは違って採用試験というのはどの様な内容の問題が出題されるのかという事が事前に把握できない事も多い様で、対策をするのが難しい事もあります。

内容があらかじめ把握できている場合には、しっかりと対策に集中したいですね。

しかし、書類を送付した後や、面接の前後など空いている時間を見つけては、積極的に勉強しておきたいですね。医師転職する場合には、忘れてしまっている部分などがないか、もう一度よく復習して採用試験に臨みたいですね。

合格に向けて頑張りましょう。

医師転職についての関連記事

医師転職をおこなってみる

医師転職をはじめておこなう人にとって、日常との常勤の掛け持ちは非常に大変なことが言えるでしょう。

医師については医療機関によっては、24時間体制であることがあげられますので、不規則でもあり人命を預かりますので、非常に大変であることが想像できるでしょう。

そのような場合においてはインターネット上にある医療用のコンサルタントや、エージェンシーに依頼することをおすすめします。

そのような形をとった方が余裕を持って医師求人をみることができるでしょう。はじめのうちは大変かと思いますが、エージェンシーやコンサルタントの担当者がより良い助言をくれるでしょう。

医師転職を探す一番の方法は・・・

医師転職先を一番効率よく探す方法をご存じでしょうか?

一番効率がいいのは、自分の知り合いが働いている病院を紹介してもらうことです。この方法でしたら、自分で一から病院を探す手間を省くことができますし、もともと自分の知り合いが働いているので、新しい環境にもなじみやすいです。

またインターネットなどで得ることができる情報の他にも、働いていなければわからないような情報を得ることができます。

給与や、環境、福利厚生などは求人情報にも出ていますが、人間関係や、実際の職場の雰囲気などは本当であれば自分が働き始めるまでわからないのですが、そういったことを聞くことができます。

メニュー

TOP 医師募集 医師転職 キャリアアップのための医師転職 医師求人 心臓血管科の医師求人 医師バイト 医師バイトをおこなう目的 スクラバー

医師求人、医師転職、医師募集、バイト、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

医師求人、医師転職、医師募集、バイト、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら

医師転職のニーズについて

医師転職については毎年多くの医師がおこなっていますので、ニーズが高い分野であることがわかるでしょう。

しかしながら、医師自身が医師求人を探す事は非常に大変であることが言えるでしょう。

そのような場合に利用したいのが医療関係を専門としているコンサルタントや、エージェンシーの存在であります。

この人たちの存在においては、非常に偉大であることが言え、規模している条件などを手掛かりに代わりに医師求人を探してくれ、病院とのマッチングなどもおこなってくれます。

非公開求人などもありますので、そのような求人からも探すことができるでしょう。

医師転職活動をバックアップしてくれるエージェント会社

一般的に現在の職につきながら、転職活動をしていることを職場の人間に知られる事は避けたいと思うものです。これは医師であっても同じことです。医師転職をサポートしてくれるエージェント会社では、その点も考慮し医師の要望に合わせた場所で面談をおこなうこともあります。

エージェント会社の信用問題でもあるため、周囲に知られないよう十分配慮がされているのが一般的です。

登録をして必要な情報収集をおこないながら、今後の転職に向けて準備しておくのも、医師転職を成功させる大切な要素です。医師の要望にあった転職先を真っ先に紹介してくれるケースもあります。

資格が必要な産業医へと転職する医師

どうすれば、医師として産業医へと転職する事ができるのでしょうか。医師免許を持つ人であれば、誰でも産業医へと転職する事ができるという分けではありません。

実は、医師免許の他にも、産業医へと転職するには、資格が必要となります。体力的に自信がない医師でも、働きやすく産業医への転職を目指す人もいます。

産業医へと転職すると言っても、応募できる医師は限られてきます。ぜひ、この仕事がしたいと考えるのであれば、真剣に目指す事が必要となります。

これまでに、この仕事を行った事がないという人もいるかと思います。その場合には、ミスマッチが発生しない様にするため、仕事についてよく調べておきましょう。

時短勤務が可能な産業医へと転職する医師

フルタイムでの仕事が難しくても、医師が産業医へと転職して時短勤務を実現する事もできます。医師として産業医へと転職するなら、どの程度働く事ができるのかという事を考えておきましょう。

時短勤務が可能な産業医へと転職する医師もいますが、それには職場を選ぶ事が重要となります。医師として時短勤務が可能な産業医に転職する際は、職場により勤務の日数や時間は異なります。

医師として時短勤務が可能な産業医へ転職するのであれば、病院などの医療機関ではなく、企業が独自に定めている規定に応じて働く必要があります。

ですので、企業により働き方が大きく異なる場合があるという事を把握しておきましょう。

案件数が少ない産業医の医師の募集

転職サイトを使って産業医の医師の募集を探してみても、案件数はそう多くはない事もあります。産業医の医師の募集を見つけたら、条件にマッチしているかどうか確認しましょう。

条件にマッチした産業医の医師の募集を見つける事ができれば、できるだけ早く検討して応募しましょう。産業医の医師の募集には、複数の応募者がいる場合もあり、チャンスはそう多くはない事もあります。

頻繁に求人探しを行う事によって、追加されて間もない産業医の医師の募集を見つける事ができるでしょう。新着案件となれば、まだ応募している人が少ないという事が考えられますので、チャンスもあります。内定を目指して、応募しましょう。