医師のかた必見!希望の医師求人の見つけ方。

医師という、過酷な環境で精神的にも肉体的にも働いている人の
    労働環境は私たちも守っていける様な努力が必要な時代になってきているのです。

TOP > 医師募集 > 医師求人 > キャリアアップのための医師転職 > 医師転職

目次

  1. 医師転職を思い立ったら
  2. 常勤で働きたい泌尿器科医は医師転職サイトに登録する
  3. 医師転職をしたい動機
  4. 医師転職の方法について
  5. 医師転職を情報で受け取る
  6. 入院施設がある美容外科への医師転職
  7. 働きやすさを求めて産業医に転職する医師
  8. 注目する医師が多い産業医への転職
  9. 車通勤可能な産業医に転職して医師として活躍
  10. メンタルヘルス中心の産業医に転職する医師
  11. 案件数が少ない産業医の医師募集
  12. 臨床研修医募集動画
  13. 長崎大学病院初期研修PRムービー

医師転職を思い立ったら

仕事をしていると転職したい、と思う事も出てくるかと思います。

職場の人から褒められたり、いい成績を残せた時にはそう思う事はあまりなく、仕事が思う様にできなくて辛い状況にある時には、辞めてしまいたいと思う事もあるでしょう。

しかし、そう思った時にいきなり医師転職に踏み切るのではなくて、まずは自分の考えというのを整理してはどうでしょうか。

気持ちを整理するといいでしょう。
医師転職をするのであれば、その後にアクションに移すという事もできますね。

まず、なぜ転職したいのかという事をまとめてみましょう。
本当に医師転職が必要なのか、またそのタイミングは今なのか、という事も併せて考えたいですね。

常勤で働きたい泌尿器科医は医師転職サイトに登録する

泌尿器科医の中には非常勤で働いている人もいますが、この働き方だと不安定なので出来れば常勤として雇ってくれる病院に医師転職したいと考えている人が沢山います。

ただ仕事が忙しいために転職先を探すことが出来ない場合も多く、中にはそのために転職を諦めてしまう人もいます。しかし最近では医師転職サイトが沢山あり、そのいったサイトに登録すれば自分に合った病院を見つけてくれるのでとても助かります。

もちろん泌尿器科医専門の医師転職サイトもあるので、他の病院に転職したいと思ったらこのようなサイトに登録をするのが良いです。

医師転職についての関連記事

医師転職をしたい動機

医師転職については、多くの医師が希望していることがあげられます。

特に昨今においては、医局での力が弱まっている傾向でありますので、そのチャンスを見計らって医師転職にはげむ医師も少なくはないと言えるでしょう。

医師については非常に多忙であることがあげられますので、日常での常勤と転職活動の両立が忙しいケースもあるでしょう。そのような場合においては、医師の転職を専門としているエージェンシーに依頼すべきでしょう。そのような専門のエージェントに依頼することで、より良い求人が見つけやすい点があげられるでしょう。

医師転職の方法について

最近では医師求人のあり方が変わってきています。ひと昔前までは、医局での病院紹介をおこなっていましたが、最近では医局の力が弱まったことから、医局を利用しない若い世代が出てくるようになっています。

その世代については今後を担っていく存在でもありますので、医療のあり方などが大きく変わっていくことが予測されるでしょう。

そのような場合においては、やることをしっかりとおこなっていれば問題はないでしょう。医師転職についてはさまざまな選択肢がありますので、慌てて考えるよりも今後をゆっくり考えて見てもいいでしょう。

医師転職を情報で受け取る

時間がないため、とにかく検索しやすいように考えてくれるサイトを使いたいと思うなら、まずメールマガジンに登録するといいでしょう。

メールマガジンには、求人情報が書かれている場合もあり、医師転職に便利な情報を提供してくれるのです。

転職に時間をかけられない状況となっているなら、とにかく気軽に見られる情報サイトが重要になっています。サイトの情報がわかりやすいようにしているなど、少しでもいいところを使ってください。

メールマガジンを持っているサイトなら、より安心して検索できるようになったり、おすすめの情報がわかるようになります。

入院施設がある美容外科への医師転職

今では入院施設のない美容外科も多いため、医師転職では夜勤が発生しない事も多いでしょう。しかしながら、医師転職する際に、入院施設のある美容外科も中にはあります。

美容外科への医師転職を行う際に、入院施設の有無によって、働き方がかなり違ってくる事もあります。入院施設がある美容外科への医師転職をすると、勤務時間は長くなる事もあります。

美容外科への医師転職をする際には、施設の情報も収集しておくといいでしょう。

また、医師が何人で対応を行っているのか、看護師やスタッフは充実しているかという事についても確認しておく事で、把握できる事も多いでしょう。クリニックで比べる事も可能でしょう。

働きやすさを求めて産業医に転職する医師

現在でも多くの人が産業医として活躍していますが、転職をしてこの仕事に就く事を希望している医師もいます。

産業医に転職する医師は少なくなく、求人案件の中でも人気が高い傾向にあります。

産業医に転職する医師は、中高年のドクターに多く働きやすさを求めている人もいます。

産業医に転職する医師は、医療機関での仕事とは異なり、技術を高めるという事は難しい場合もあります。

しかし、医師として産業医に転職する事ができれば、企業で活躍する事ができます。夜勤がなく時間外業務が少い事が多く、これまで扱ってきた科目に関係なく応募できる事もあります。

今後は、企業で働く人の健康を守る事が仕事となります。

注目する医師が多い産業医への転職

近年では医師の間で産業医に転職する人が増えています。医師であっても転職する人も増えていますが、産業医というのは企業で働くため、病院の仕事とは異なります。

産業医への転職を希望する医師は多く、求人が出されると、多くの人がチェックしています。自分も医師として産業医への転職を実現したいと考えるのであれば、普段から頻繁に希望の求人案件を探す努力が必要となります。

産業医への転職を実現したいなら、他の医師も求人案件を探していますので、できるだけ早く求人を見つけて、応募する事も大事と言えます。

諦めないで、何度も新しい求人案件を探して、応募し続ける事できっと希望が実現するでしょう。

車通勤可能な産業医に転職して医師として活躍

近い将来、産業医に転職して医師として活躍したいなら、通勤方法についても検討しておく必要があります。産業医に転職して医師として働く際には、企業で仕事をする事になりますので、必ずしも駅から近いという分けではありません。

産業医に転職して医師として働くなら、車通勤ができれば、選択できる職場の幅を広げる事ができます。

産業医に転職して医師として働く際に、駅から近い企業も中にはありますので、車通勤が難しい場合は、通勤しやすい企業に注目しましょう。

車通勤可能な産業医に転職して医師として活躍できれば、雨が降っていても濡れる事なく通勤する事ができます。まず通勤方法を確認する事が大事です。

メンタルヘルス中心の産業医に転職する医師

これまでとは違い、医師として産業医に転職する事により、メンタルヘルスを扱う機会が増えたという人もいる様です。

産業医に転職する医師は、職場における社員の心身の健康維持に努める必要があります。医師がメンタルヘルス中心の産業医に転職すると、カウンセリングの対応を任される事もある様です。

医師として産業医に転職すると、難しいと感じる事もあるかと思いますが、人の役に立つ事ができます。

医師として産業医に転職する際には、働きやすさだけではなく、大変な部分や仕事に対するやりがいなどについても踏まえた上で応募するかどうか検討しましょう。

一度仕事が決定すると満足して働けるといいでしょう。

案件数が少ない産業医の医師募集

これまでに求人サイトを使って産業医の医師募集を探した事があるという人であれば、状況を把握している人も多いでしょう。

実は産業医の医師募集案件は常に出されている分けではなく、案件数が少ない場合もあります。

どうしても産業医の医師募集が出されると、応募が集中してしまう事もあります。産業医の医師募集の案件数が少ないというのは、理由があります。

病院でのドクターの様にたくさん必要になる分けではなく、働きやすいため、定着率が高くなり、産業医の医師募集が少ないと言われる事もあります。

転職活動を行うのに時間がかかりそうだという場合は、医師アルバイトを行い、活動を続けるのもいいでしょう。

臨床研修医募集動画

兵庫医科大学病院

動画公開日:2018/05/10

長崎大学病院初期研修PRムービー

長崎大学病院

動画公開日:2019/07/08

メニュー

TOP 医師募集 医師転職 キャリアアップのための医師転職 医師求人 心臓血管科の医師求人 医師バイト 医師バイトをおこなう目的 スクラバー

医師求人、医師転職、医師募集、バイト、スクラバーについて興味のある方はこちらを見てください。

医師求人、医師転職、医師募集、バイト、スクラバーの記事以外のお問い合わせはこちら