医師のかた必見!希望の医師求人の見つけ方。

医師という、過酷な環境で精神的にも肉体的にも働いている人の
    労働環境は私たちも守っていける様な努力が必要な時代になってきているのです。

心臓血管科の医師求人

非常に専門的である心臓血管科が医師求人を出す事もあります。

心臓血管科では、時として非常に難しい手術を行わないといけない事もありますので、医師求人で条件を綿密に把握し、不明点などがない様に病院側と話をすり合わせしておきたいですね。

大学病院などに心臓血管科が設置されている事もあり、医師求人が出される事もある様です。心臓血管科の医師求人においては、経験者が求められる事もあるみたいですね。

心臓血管科の専門医の資格を有する人であれば、医師求人に応募した際に、活かせる事も多いのではないかと思います。若いドクターであれば、これからこの分野を極めて一流の医師として活躍したいという夢を抱いている人もいるでしょう。

神奈川県の医師求人の現状について

神奈川県の医師の現状については都市部において、病院などの医療機関が集中している傾向にあり、そのなかでも横浜市や川崎市においての2都市にある医療機関が神奈川県内における半数以上を占めてしまっている状態になります。

都心部である横浜市を中心としてクリニックなどの医療機関が多いことが特徴の一つになります。しかしながら、神奈川県の人口10万人対して医師の人数は201人と全国での平均を下回っていることが挙げられます。

都心部ではなく神奈川県全域として確認していると医師不足の傾向であることに間違いはありません。神奈川県の西部の地域などでは医師求人がでやすいと言えるでしょう。

医師求人を紹介してもらおう!

医師求人を一番効率よく探す方法は、自分が知っている人に職場を紹介してもらうことです。なぜ知人がいいのかというと、給与や、福利厚生など基本情報の他にも、自分がどういった分野が得意で、どういった勉強を今後していきたいのかということに対して、こちらが改めて説明しなくてもわかってくれているため、ほとんど会話がなくても、こちらの希望にそった病院を紹介してくれる可能性が非常に高いのです。

またブラックな病院を自分の友人や知り合いに紹介する人も少ないでしょうし、環境が悪いということも考えにくいです。また新しい環境になじみやすいという点もあります。

医師求人が増えると移動も増える

これまで頼っていた医師が、突然別の病院に移動していたなんて状況も起こりやすくなっています。ヘッドハンターではありませんが、病院を移動することのメリットが大きいと考えて、自ら医師求人を検索して転職している方もいます。

ただ医師が転職している場合は、どの病院に行っているか教えてもらえるケースが多く、患者としては頼りにしていた先生の状況を理解できます。次の病院がかなり行きづらいところにあるなら別ですが、行きやすいところならそこに切り替えて治療を続けるといいでしょう。

転職の問題は意外と起こりやすく、患者に影響を与えます。

産業医を専門とした医師求人サイトについて

医師求人サイトには、産業医を専門に扱っているケースもあります。産業医になるためには、医師の資格の他、専門的な医学知識を得るための一定の条件が必要です。

国が企業や工場の従業員数により労働安全衛生法を設け産業医を義務付けているもので、従業員の衛生面や健康管理、また指導をおこなっていくものです。現在、過重労働や社内の人間関係における問題で深刻な精神疾患を発症しているケースが多くあり、デリケートなメンタルな面であることから、精神科医師のニーズが増えているようです。医療機関ではないため、オンコールや当直もなく、休みもしっかり確保できるといったメリットがあります。

医師求人についての関連記事